既存のAGA治療薬とは異なったアプローチをするザガーロ

ザガーロを服用しているときに一番困ったこと

発毛系新薬、ザガーロ : ザガーロ通販|デュタボルブ|AGA薄毛治療|お薬なび

薄毛が気になる年頃になり : デュタステリドの副作用? : ザガーロを服用しているときに一番困ったこと

ザガーロを服用しているときに一番困ったのが妊活をしているときです。
妻にもこのような成分の医薬品を服用していることは説明していたのですがやはり心配になるのは確かです。
その頃は男性機能の低下は若干改善したのですがやはり生まれてくる赤ちゃんになにか影響をしてしまうのではないかということでその期間だけは服用を中止しました。
服用を止めても徐々に血中濃度が低下していくので妊活も3ヶ月を経過してからということにしました。
服用を止めて2ヶ月が経過した頃になるとなんだかおでこのあたりの生え際がまた薄くなってきたような気がしました。
仮に妊娠がわかるのが2、3ヶ月とすると服用を中止する機関は合計で1年近くになってしまうという計算になります。
日頃の行いがよかったのか早期に妊娠したのが発覚したのでまたすぐに服用を開始しました。
濃度が上がるのに多少時間がかかりましたが2ヶ月ぐらいしたらまた徐々に生えはじめてきたような気がします。
もうザガーロを服用していないと不安になりもう手放せなくなりました。